HSブログ

LEWMARウインチパーツ GrayJawKit


上写真にあります、ストリッパーリングのみのお問い合せがあります。
大変申し訳ございません、ストリッパーリングのみの販売はしておりません。
理由は、コーンにシートが滑らないよう凹凸(上写真黄色矢印部分)がありますが、
ストリッパーリングが破損している場合のほとんどが、この凹凸が擦り減り、
シートがコーンの根本まで食い込んでしまいストリッパーリングが破損してしまう
ケースがほとんどです。

【※注:コーンに合わない細いシートを使用した場合、ストリッパーリングが破損する場合もございます。】

また、素材がコンポジットなので、劣化した時の強度は金物に比べ、
どうしても落ちてしまいます。
ストリッパーリングが劣化していると言う事は、同じ素材のコーンも劣化しているとの
判断になりますので、GrayJawKitとしてAssy販売とさせて頂きます。

ご理解頂きまして、ご検討の程宜しくお願い申し上げます。





  • 2017.05.01
  • 11:52

シーズン前点検は船だけでなくライフジャケットもお願いします。

大切にお使い頂いている、Crewsaver 150N
HAMMARセンサーの消費期限を確認すると2017年。
センサー・ボンベ交換と各部チェック&整備します。

今シーズンも、安心してお使い下さい。

さて、このブログを見て、心当たりのある方は、
HANMMARセンサーに記載されている期限をご確認下さい。
また、HAMMARセンサー以外のセンサーを使われているライフジャケットも、
一度膨らませ、エアー漏れの有無や各部チェックして下さい。
万が一の時に機能するよう心掛けましょう!





  • 2017.04.24
  • 09:48

LEWMARウインチのメンテナンス&ハッチ交換をご検討のお客様へ

お問い合せ頂きます、ウインチのパーツ交換・メンテナンスと
ハッチ・ポートライトの交換やパッキンについての内容が、
この時期になると多くなります。

弊社へお電話頂く前に、大変お手数ですが下記リンクをご参照頂きますようお願い申し上げます。

また、ウインチ・ハッチ共に年式やモデルによっては、メーカーからパーツ供給が不可の物もございます。
お使いのウインチ・ハッチの写真や詳細をinfo@hsmarine.co.jpまで送付願います。
送付頂きました内容を確認し、ご返答させて頂きます。

ハッチアクリルの蜘蛛の巣(劣化)対策用ハッチカバーも合わせてご覧下さい。

以上、宜しくお願い申し上げます。





  • 2017.04.18
  • 11:23

外洋レース向けライフジャケット

お問い合せの多くに、カテゴリー3に適合するライフジャケットは?
との質問を頂きます。
下は、日本セーリング連盟 外洋安全委員会が定める内容です。
改めて確認しましょう。




ご覧の通りです。
弊社取扱い、crewsaverライフジャケットのラインナップ中、
カテゴリー3に適合するモデルは、
エルゴフィット190N OCモデル、またはCSモデルのいずれかとなります。

さて、レース直前に用意される方がいらっしゃいます(苦笑)
今現在、在庫が減っている状況です。
お急ぎの方は、お早めにご検討下さい。

直前ではなく、もう少し早めにご注文頂ければ、間に合うようご用意できるのです。
なぜなら、膨張式ライフジャケットはボンベ内蔵なので、簡単に輸入できません。
船便は時間が掛かります。
飛行機は、乗せる為の手続きから始まり、日本到着後各検査が必要となります。
このような説明をさせて頂きますと、「在庫すれば良いのでは?」と思われる事でしょう。
確かにその通りです。
しかし、水圧感知式(HAMMAR製センサー)は使用期限が定められております。
合わせてご理解頂ければ幸いでございます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

  • 2017.04.11
  • 11:27

冷凍・冷蔵庫の季節到来

毎年の事ですが、ボートショーを皮切りに忙しくなります。
もっとも、忙しくなると言う事はお客様のお蔭でございます。
心より御礼申し上げます。
更に忙しくなるようお待ちしております!


さて、表記の件。
GWを皮切りに、使用頻度が高くなりますね。
シーズンオフに点検せず、いざ使おうと思うと。。。
船は冷凍・冷蔵庫に限らず、点検整備は必要不可欠。
ドキっとされた方、今からでも遅くありません。
点検・確認をお勧め致します。

弊社が取扱いしております【VITRIFRIGO】
昨年度より、ほとんどの製品を受注生産としております。
受注頂きましてから、おおよそ1ヵ月半程、納期を頂きます。
※納期は都度、ご確認下さい。
ご検討中のお客様、ご注意下さい。

さあ!
ハイシーズンに向けて準備ですよ!




  • 2017.04.04
  • 12:54

バッテリーに優しいサブバッテリーチャージャー

お待たせ致しました!
少量ですが、入荷致しました。
随時入荷致しますので、現状早い者勝ちです。


サブバッテリーチャージャーをご存知の方も多いかと。
簡単に説明しますと、メイン(主機)バッテリーとアクセサリーバッテリーの
2台を搭載している場合、
通常、メインバッテリーはエンジンのオルタネーターより充電されますが、
アクセサリーバッテリーは充電されません。
また、並列にメインバッテリーとアクセサリーバッテリーを接続した場合は、
メインバッテリー、アクセサリーバッテリーとも充電はされますが
バッテリー同士がつながっているため、
アクセサリーバッテリーから電装品などの電源を取っていても
メインバッテリーからも電気を消費してしまいます。
理想は、メインバッテリーとアクセサリーバッテリーがお互いに独立しており、
充電は主機用のメインバッテリー優先でエンジンのオルタネーターから充電され、
メインバッテリーがほぼ満充電になったら
アクセサリーバッテリーが自動的に充電されることです。

商品詳細は下記をご覧頂き、
安心・実績の高いVICTRON製品をお選び下さいと強くプッシュ致します。
宜しくお願い申し上げます。


商品説明
■2系統バッテリー充電に有効
■シンプル接続
■電流ロス解消
■バッテリーに優しい
■スタートアシスト機能
■小型デザイン
■ボート・ヨット・キャンピングカー・ソーラーシステム等の充電システムに最適

〇スターターバッテリーの他にサブバッテリーを搭載している場合に有効
本製品は、メインバッテリーが満充電になると、自動的にサブバッテリーへ充電します。
無駄な電気ロスを解消。

〇シンプル接続
メインバッテリーとサブバッテリーのパラレル接続間、プラスケーブルに接続するだけです。
12V/24V/48Vのマルチボルテージ対応。
接続図参照

〇バッテリーの寿命を延長
サブバッテリーの電圧が下がった状態で充電移に入る場合、設定電圧と遅延タイマーにより
自動的にリレーを閉じ、メインバッテリーへ流れる大電流を防ぎます。
オルタネーター配線を直接製品へ接続しないので、オルタネーター始動時の突入電流が原因の
製品故障リスクも回避します。
サブバッテリーが12.8v、16vの時は即遮断します。

〇スタートアシストシステム(並列接続している場合)
スターターバッテリー(メインバッテリー)が弱っていたりした場合、スタートアシストスイッチを
追加して、緊急時に約30秒間、サブバッテリーの電圧をメインバッテリーに送り補助する事で
スターターを作動させる事ができます。
接続図参照

※本製品にスイッチは付属されません。
※本製品にバッテリーケブルは附属されません。

サイズ:46mm×46mm×80mm
重量:0.11kg
定格出力:120A
最大オルタネーター出力:150A
自動電圧切替:12v/24v
接続電圧(遅延時間10分):13v(12v)/26v(24v)
接続電圧(遅延時間4分):13.8v(12v)/27.6v(24v)
遮断電圧(遅延時間3分):12.8v(12v)/25.6v(24v)
遮断電圧(遅延時間1秒):12v/24v
オーバーロード電圧:16v(12v)/32v(24v)
スタートアシスト:装備/30秒
作動環境温度:マイナス40度~40度
保護等級:IP54

  • 2017.03.30
  • 17:20

Onesailer Docking system

今月上旬のインターナショナルボートショー会場に展示しました、
Onesailor Docking system(桟橋用防舷材)
会場では、予想通り多くのマリーナ関係者の方の目に止まったようです。
ありがとうございます。

製品の最大の特徴は、「当たる事が前提で開発された」ことです。
衝撃吸収部分はEPDMラバーを使用し、衝撃を分散される構造です。
バウ用・スターン用は約15トンまでの衝撃吸収能力があります。
もっとも、15トンがまともに当たれば桟橋が持ちませんが。。。
また、本体固定部分はアルミで成形し、桟橋に取付ける際の強度を確保しています。
デザイン性にも優れ、従来の防舷材に比べ、あると安心できる防舷材です。



話は逸れますが、タワラ(スチロバール)を桟橋に付けている光景を良く目にします。
ほとんどのマリーナは、基本的にタワラを桟橋に付けるのは禁止または、
遠慮下さいとなっていると思います、理由の一つにタワラが桟橋のフロートを押してしまい、フロートがズレ、桟橋が傾いてしまうなど桟橋のトラブルに繋がるからです。

元に戻します。
製品ラインナップは、
バウ用・スターン用・サイド用の3種類。


バウ用

スターン用

サイド用(写真はカバーが付いていますが、本製品にカバーは含まれません)

取付に関してですが、マリーナによって、または桟橋によって可能・不可能があります。
キチンとした製品をキチンと取付なければ意味はありません。
そこで、Onesailor製品の販売・取付は(有)シーガル様にお問い合せ下さい。

販売・取付に関する問い合わせ先
(有)シーガル  担当 久川
担当者直通 090-8723-3714
〒239-0826神奈川県横須賀市長瀬2-9-6
Tel:046-843-3932 fax:046-843-3931
http://www.seagull.ne.jp/
e-mail:hisakawa-seagull@gol.com

勿論、弊社へお問い合せ頂きましても結構です。

船を守る、桟橋を守る為の優れた製品
【Onesailor Docking system】
様々な製品がある中で、弊社が安心してご提案できる桟橋用防舷材です。





  • 2017.03.24
  • 11:22

改めましてVictron energy

まず初めに、来月から販売開始予定の
発売前から、大変お問い合せが多く、正直な所驚いております。
お待たせしまして大変申し訳ございませんが、少しお待ち下さい。
宜しくお願い致します。


さて、今回のボートショー会場にてVictron製品に関して、
お話させて頂きましたお客様、お問い合せ頂くお客様の多くは、
電気関係の仕事に携わる方が多く、
率直な感想は、プロは【victoron energy】をご存知である。
そして、大変高評価を頂いている現状。
知識豊富な方々は私よりも理解度が高いので、説明をする必要が無いのです。
お恥ずかしい話ですが。。。

なので、今回書きます内容は現物やサイズ表を見られた方が、
小さい声で、「サイズが大きい」と言われる部分に関して書かせて頂きます。

ご存知の通り、バッテリーチャージャーのサイズは大小様々です。
Victronは言われる通り、小さくありません。
これには理由があります。
電気は熱を持ちます。
熱を逃がさないといけません。
Victronバッテリーチャージャーは、ファンの大きさと位置など全てを考慮し、
極力、内部に熱が籠らないベストな設計をした結果、現状のサイズになっております。
例えば、12v/30ampのバッテリーチャージャー。
A社サイズは、300mm前後×150mm前後×80mm前後
B社サイズは、400mm前後×250mm前後×100mm前後
Victron 12v/30amp サイズ426×239×135
※小型の物が悪いとは決して申しませんが、内部が隙間なく詰まっていると、
ファンで熱を排出しきれないとの説もあります。

まだまだ、小型な物もあれば、大型の物もあります。
現物を見ると「大きい」と感じる方が少なくないようですが、
数字で見ると、そこまで大きくないのです。
もっとも、デザインによっても受ける印象は違います。
縦に長い物や横に長い物でも受ける印象は変わりますね。
如何でしょうか?
実は、そこまで大きくなく、プロが認める【victon製品】

ぜひ、ご検討頂きますようお願い申し上げます。


※ご希望サイズが在庫切れの場合、お手数ですがお問い合せ下さい。






  • 2017.03.16
  • 14:21

PONAM 28-Vに艤装するウインドラスを悩む

ご覧の通り、ウインドラスを設置する位置にR(平面では無い)がある。

ウインドラスは大きく分けて主に2種類
バーティカルタイプとホリゾンタルタイプ
バーティカルタイプとは、デッキユニットとモーターが別であり、
デッキを挟む形で取付けるタイプ

ホリゾンタルタイプとは、オールインワンのワンボディータイプ

どちらのタイプを取付けるにしても、デッキにRがある場合、目視できない程度の
隙間ができてしまう可能性が高い。
また、バーティカルタイプとなると、デッキの厚みが均一でありデッキ上面と下面が
並行でないと、
デッキユニットシャフトがモーター(ギアBOX)に真っすぐ入らない。
これは一番避けなければならない事。
更に、ロープまたはチェーンの角度も重要になる。

様々、考慮して現段階ではホリゾンタルタイプとする。
次に、アンカーローラー。
バウ形状が御覧の通りである。
バウローラーを取付ける場所は、フラットになっているので問題は無いが、
角度があり、使用するアンカーによってはバウにヒットしてしまう可能性が高い為、
使用するアンカーを決めてからアンカーローラーを選択する必要がある。
プラス、スタイリッシュにしなければ!!!

ん~、どうしましょうか。
もう少し、悩んでみます。




  • 2017.03.11
  • 11:00

ボートショーにて質問の多い内容

はじめに、沢山のお客様がブースに足を運んで頂きました。
誠にありがとうございます。
色々なお話を伺う事ができ、お客様の何気ない言葉に気づかされる事も多々あります。
また、年々「御社のブログ見てますよ!」や「ブログを見て商品を見に来ました!」など、
大変嬉しいお言葉を頂く事が増えております。
今後の励みにさせて頂きます。
大変有意義なボートショー、今後もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


写真は、今期から新たにスタート致しますウインドラス
VXシリーズに採用されました、コンポジットジプシーです。
詳細はまた後日に!

さて、ショー期間中、割と多くご質問頂く内容ですが、
過去のブログに記しております。
ぜひ、参考にして頂ければと思います。

ウインドラス関連

ハッチ関連

上記以外の製品、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。
宜しくお願い申し上げます。




  • 2017.03.07
  • 13:47

お買い得な情報はこちら

新規会員登録はこちら

商品検索




商品カテゴリ

HSブログ

サイトシステムの関係上、当サイト内ブログは日付・カテゴリに分かれておりません。申し訳ございませんがスクロールして御覧下さい。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送不可日

取扱いメーカー

LEWMAR
Victron energy
Onesailor
Crew saver
Whale 
MARINCO
Waveber
Ocean air
Ameritool
ASTEL
HELLA
MAX POWER
Loflan's
Goiot
Raymarine
PLASTIMO
Glendinning
Vitrifrigo
Lake lite
Outland hatch
NEXTGEN
Forsper
OPTIMA
BEP MARINE
XM YACHTING
blue performance
BLOND
303Products
xylem
Dometic
NORTHERN LIGHT
Ultra anchor
Albright
VIMAR
CAN SB

その他、国内外製品

ページトップへ