HSブログ

ロープ強度測定

未だ、結果が出ていませんが、
ライフワークのような位置付けでしょうか、ロープ開発。
こだわり過ぎなのか、神経質過ぎるのか。。。
しかし、「ここは外せない!」との部分はこだわりたいと思います。

本題
ロープその物の強度は、大きく分けて計算強度と測定強度(機械)です。
ロープメーカーによって、表記される強度がどちらを採用しているかはわかりません。
興味があれば、メーカーさんに聞いて下さい。
測定強度の場合、出来たてほやほやの製品を測る。
または、紫外線や海水に浸けた(時間は様々)後、測定するなど方法はいくつかあります。
とは言え、私の感覚では計算強度と測定強度の差はそれほどでもないと認識しています。

さて、弊社ではロープその物の強度と同時に、スプライス強度も測定します。
スプライス強度まで試験するのは、あまり聞いたことがありません。
ロープ特性に対し、いくつかのスプライス加工方法を試す、または新たな方法で加工し、
どの加工方法がベストマッチかの測定試験をします。
ロープその物とスプライス加工、両方の結果を踏まえ、総合的に判断します。
再三、申し上げておりますが、現段階のベストロープから上のレベルを目指しています。
中々、結果を出せず、製品化できませんが・・・
私の愛読する書の一つの中に、
人間、物に愛着が持てないようでは、暮らしが浅くなる。
玩物喪志という言葉があって、物をいじっているうちに志を失ってしまうことをいう。
しかし、志を失わせるくらいのいい物があるかどうか、というのが問題なんだよ。
とありまして。
志を失わせるくらいは難しいが、それに近い感覚になるような物を作りたい。
と言いつつ、近頃は原点に戻ってみるのも間違いではないような気がしています。

ごきげんよう。

  • 2018.09.19
  • 13:37

薩摩?さつま?

少しずつですが、スプライス加工に対し、価値を感じて頂けるようになったと感じる
今日この頃。
船関係は勿論、他業種・他方面からの御依頼も増えており、大変ありがたい事です。
ありがとうございます。
引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、本題!
我々の業界では「スプライス」と呼ばれる、ロープ加工。
漁業関係者や古い人は「さつま」と言います。
この「さつま」、どちら様か語源をご存知でしょうか?
薩摩地区が発症?
加工部分がサツマイモに似ているから?
など、いくつかの諸説は耳にしますが、明確な語源を知る人、
私の周りには居ないのです。
気になって仕方ありません。
どちら様か、教えて下さい。
宜しくお願いします。
仮に、語源が「サツマイモに似ているから。」であった場合、
私のは、「きゅうり」にでもしようかと。
まあ、無理やり名を付けたところで、「スプライス」はスプライスですが(笑)

どちら様か、御教授願います。

上が「きゅうり」、、、いや「ズッキニーニ」かな。。。
下が所謂「さつま」

  • 2018.09.12
  • 11:47

冷凍・冷蔵庫の難しいところ

輸入艇の多くに採用されている冷凍・冷蔵庫。
弊社取扱いの【VitriFrigo】製品以外にも、3社程製品を目にします。
他の艤装品同様、海外製品の多くは毎年モデルチェンジやマイナーチェンジが多く、
5年前のモデルと全く同じ製品を手に入れようとしても、メーカーでは生産していない。
なんて事が多々ございまして。
この場合、何が困るかと言いますと、ビルダーの多くはデザインの関係で冷凍・冷蔵庫を
周りのデザインと調和?統一?する為に、扉の表面に手を加える事があります。
下写真をご覧下さい。

オーナーが空間デザインは気にしないから新型を!
と言って頂ければ即対応可能ですが、
デザイン重視であれば元と同じ仕様にしたいのも当然頷けます。
後者の場合、全く同じ寸法の新型冷凍・冷蔵庫を入手しても、扉の寸法や構造が違えば、
対応策として扉のみの交換はできません。
また、扉の化粧部分サイズが違えば、化粧版を交換する事もできません。
ビルダーにハルナンバーと写真、化粧板の寸法を伝えたところで、
対応不可または、物が無いかのどちらかでしょう。
残る方法は、新品且つ全く同じモデルを探す!

見つかれば、胸を張って納品できますが、見つからなければ弊社の力不足。
今回は、どうにか見つけ、手元に届き、現品確認しましたので一安心です。
お客様から頂く「ありがとう」が一番の励みです。
今後更に情報網を張り巡らせます。




  • 2018.09.05
  • 11:53

ボート向 ウィンドウフィルム施工

車同様、フィルムを貼る艇が多いかと思いきや、
以外と多くない、ボート達。
個人的には、なぜ貼らないのかと疑問に思う所もありますが、
当然、好みもあれば、夜間航行を考えると必要無いと判断されるのも理解できます。
では、メリットはどうでしょうか?
・紫外線カット
・エアコンの効きが良くなる
・プライベート確保
・防犯対策
・スタイリッシュ(個人的感想です)
パッと思い付くのは、こんなところでしょうか。

フィルム製品も日々進歩しておりまして、
価格も上から下までと様々ですが、上位のフィルムは従来のフィルムイメージ(ネガティブ)を持つ方、一見の価値ありです。
見え方が以前のモノとは、まるで違いますよ!

それでは、DFR33のビフォー・アフターをご覧下さい。
おわかりだと思いますが、映り込んでいるのは後方の人です。


上、施工前
下、施工後

上、施工前
下、施工後

船内側:上、施工前
船内側:下、施工後

最後の写真は、施工後の全体イメージです。
フィルム施工すると、船が締まって見え、スタイリッシュになりますね!

最後になりますが、車と船では施工に関する注意点が違います。
過去、様々な方面から失敗例が聞こえて来た事があります。
当然、船の場合、船に関する最低限の知識も必要になりますし、、、
と、色々書きたいところですが、興味がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。
但し、現状は神奈川県東部南部までとさせて頂きます。
それ以外はご相談とさせて下さい。

以上、船舶専門なんでも艤装屋でした。





  • 2018.08.29
  • 09:43

SEALET トイレットペーパー

皆様、夏休みは満喫できましたか?

夏休み中、愛艇のトイレが詰まってしまった・・・
なんて事があった方もいらっしゃると思います。
そこで、弊社がおすすめする、マリン専用トイレットペーパーを
ご紹介させて頂きます。

弊社通販サイト人気商品の一つ【SEALET】
商品の拘りを一部ご紹介します。


実体験を元に、マリントイレが詰まりづらくする為、プロが本気で作りました!
マリン専用トイレットペーパー【SEALET】
シーレットと呼んで下さい。
では、こだわりを御紹介します。

〇一般的なトイレットペーパーに比べ、繊維を短くし溶けやすく加工。
〇一般的なトイレットペーパーの幅は114mm、SEALETの幅100mm。
 幅を細くする事で溶けやすくするのは勿論、
 輸入艇のトイレットペーパーホルダーサイズが様々であり、
 幅広く対応できるよう、100mmに設定。
〇一般的なトイレットペーパーが、1巻60mに対し、SEALETは1巻185m!
 マリン専用と言う事で、0.1マイル/海里(1マイル185.2m)に設定。
 1巻で一般的なペーパー3巻以上の長さを実現。

または、下リンクにて商品詳細をご覧下さい。
https://www.hsmarine.co.jp/SHOP/87023.html





  • 2018.08.22
  • 11:29

久しぶりにウインドラスのお話

お蔭様で、弊社をウインドラス専門と認識頂いている方がチラホラと
いらっしゃるようです(笑)
得意分野の一つです。
しかし、専門と認識頂くのも光栄ですので、そのままの認識で結構です!

さて、ウインドラスのロープorチェーン交換の御依頼を頂きますと、
弊社では同時にウインドラスの各部チェックを行います。
そこで、割と多い症状(ご注意点)の一つをご紹介します。

上下写真の赤矢印
カバーを止めるボルトが、固着または緩んでいる事が割と多くあります。
固着は固着でメンテナンスの際、大変困りますが、緩みが発生している方が
後々面倒な事になる事例があります。
緩んでいるボルトの多くは曲がってしまっている症状が見受けられます。
原因は様々ですが、曲がってしまうと締め込む際、うまく入らないだけでなく、
ボルトの穴(ネジ)を削ってしまい、ボルトが効かなくなる事も。
そうなるとカバーの遊びが増え、ロープ&チェーンを送り出し&巻取り時、
トラブルの原因となる可能性が高くなります。
従いまして、定期的にボルトの確認並びに清掃をオススメ致します。
※この症状は、ウインドラスメーカー問わず。

次に、黄色矢印
これは、①ストリッパーリング②フィンガーと言うパーツになります。
メーカーによって構造や形は違います。
※中にはストリッパーリングの無い製品もあります。
このボルトも緩みや固着、ボルトの変形が見受けられる部分です。
上の赤矢印内容同様に、定期的にメンテナンスする事をオススメします。

上記のように、簡単なメンテナンスを定期的に行う事で、
ウインドラスのトラブル発生率は減少します。

※ボルトを締める際、くれぐれもフルパワーで締め込むのはお止め下さいね!




  • 2018.08.08
  • 09:38

BSアンテナの受信レベルは大丈夫ですか?

ハイなサマーシーズン真っ只中!
8月突入です。
忙しくさせて頂いております。
ありがとうございます。
「暑いですね~」がご挨拶になる方も多い事でしょう。
しかし、本当に今年は「暑い・・・」
皆様、アルコール以外の水分補給、目の保養をお忘れなく。

では、本題です。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、改めて!
レーダーと同じ高さ、または付近にBSアンテナの設置は避けた方がよい。
と耳にした事があるかと。
理由は、レーダーから発信される電波をダイレクトに受けるので、
BSアンテナ機器故障の原因になります。
物によって様々ですが、レーダーの電波は強いと言う事ですね。
レーダーの電波は横方向に強い電波を発信します。

さて、カジキの大会で盛り上がるシーズンですが、
大会ともなればレーダーを搭載した船が近くに居る場面も当然多くなります。
係留場所では、前後左右となる事も多い事でしょう。
そのような時、自艇のBSアンテアと同じ高さに他船のレーダーが近くにあれば、
BSアンテナを作動させない方が良いでしょう。
実は、トローリング・釣り大会の後に、「受信レベルが落ちた。」と言う連絡が、
件数は少ないですが、症状として発生する事例があります。

このような事例があると言う事を、情報としてお持ち頂ければと思います。


BSアンテナページはコチラ
https://www.hsmarine.co.jp/SHOP/125539/125540/list.html




  • 2018.08.01
  • 13:17

B&G H5000

はじめに、私はこのシステムに関して詳しくございません。
また、使い方もわかりません。
ヨットレースに携わる方や、出場されている方はご存知の方も多いかと。
私のイメージとしては、このシステムを使うにあたり、
パソコンの前に専門スタッフ(クルー)が張り付いているのが前提。
所謂、レースの中でも上のカテゴリーで使うシステム。
そんなイメージです。


さて、上記写真内容ですが、特価にて販売可能です。
が、希望としては専門知識のある業者様、または詳しい方向けです。
未使用品ではありますが、保証はお付けできません。
写真にある物(未使用)が全てです。
風向風速・デプス/スピード・マストブラケット・各ケーブルはありません。

御興味のある方は、下記までお問い合せ下さい。
info@hsmarine.co.jp

写真内詳細
・H5000 Hydra CPU unit for Blue water cruiser
・H5000 グラフィックディスプレイ
・20/20HVディスプレイ×2台
・ネットワークケーブルセット(写真無)
・NMEA2000 4wayコネクター(写真無)
・GPSアンテナ



  • 2018.07.25
  • 11:30

固定観念は持たないようにしているが・・・

当ブログを定期的にご覧頂いております方は、
「まだ完成しないのか???」と思われるかと。
私も同じように思いますが、納得できないもので・・・苦笑

改めまして、
私はロープを生産する側ではなく、販売・加工する側ですが、
生産段階から関わる事も多く、
ロープに対し、並々ならぬ思い入れがあります。
特に、係留用(もやい)とウインドラス専用の2種はチャレンジ中です。

さて、ウインドラス用ロープのサンプルが届きました。
これが中々良さそうであります。
表記の「固定観念は持たないようにしているが・・・」
日頃からオープンな視点を持つように心掛けておりますが、
気付くと偏った考えになっている事に気づかされます。
今回届いたサンプルは生産から関わっておらず、既に存在する製品です。
知らないだけで、ある所にはありますね。

写真のロープ、全く同じロープですが、最終工程で一手間加えた仕様とオリジナル。
見た目は変わりませんが、触ると全く別のロープ。
但し、そのまま使えるかと言えばそうではない。
テスト結果が良ければ、更に合格点を上げるべく追及したいと思います。




  • 2018.07.18
  • 11:14

お目が高い!(笑)

Kazi誌とBOAT CLUB誌に
ANTISLIDE MARINE FLOORを取り上げて頂きました。
誠にありがとうございます。
この製品は、施工者様から大変好評を頂いております製品です。
誌面にも記載がありますが、「イミテーションチーク」と言われる製品は、
素材を含め価格も様々あり、施工方法は本物のチークデッキを施工するのと同じ位
大変なモノから、DIY感覚で施工できるモノまでと様々です。
ANTISLIDE MARINE FLOORは、手間を掛ければ掛けるほど綺麗に仕上がりますし、
お仲間とDIY感覚で施工するのも良いでしょう。
また、素材特性上、施工中に伸縮するなどの心配も無く、施工者を悩ませる懸念材料が
非常に少ない製品です。
船のデッキは勿論、船内のマットとしても使用される方もいらっしゃいます。
トラックや車のトランクに使用する方、ご家庭のベランダやデッキに使用する方と、
使う場所はアイデア次第です。
我々では思い付かないような場所にお使いの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お写真やコメントを頂ければ幸いです。

商品詳細はコチラ
https://www.hsmarine.co.jp/SHOP/ANTI150.html




  • 2018.07.11
  • 18:36

お買い得な情報はこちら

新規会員登録はこちら

商品検索


弊社フェイスブックにて
最新情報をチェック!

商品カテゴリ

HSブログ

サイトシステムの関係上、当サイト内ブログは日付・カテゴリに分かれておりません。申し訳ございませんがスクロールして御覧下さい。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送不可日

取扱いメーカー

LEWMAR
Victron energy
GISA TEX
Onesailor
Crew saver
Whale 
MARINCO
Waveber
Ocean air
Ameritool
ASTEL
HELLA
MAX POWER
Loflan's
Goiot
Raymarine
PLASTIMO
Glendinning
Vitrifrigo
Lake lite
Outland hatch
NEXTGEN
Forsper
OPTIMA
BEP MARINE
XM YACHTING
blue performance
BLOND
303Products
xylem
Dometic
NORTHERN LIGHT
Ultra anchor
Albright
VIMAR
CAN SB

その他、国内外製品

ページトップへ