HSブログ

ANTISLIDE MARINE FLOOR DFR36編



実際の質感と言いますか、使用感を見て触って頂きたい!
弊社が拠点としております、ヴェラシスマリーナに来て頂ければ、
お見せする事が可能です。

ノンスリップ材なので滑らないのは勿論ですが、
裸足で一日中デッキを歩いても痛くなるような事は無いと思います。
少なくとも、私含め他から痛いと言う声は聞こえません。
バウデッキでキャスティングの際、足元が滑るのは釣りに集中できないだけでなく、
危険な場面もあるかと思いますが、アンチスライドマリンフロアを貼れば、
不安感・懸念材料を緩和できます。
見た目も、写真でご覧頂くとおわかりの通りですが、
実物は更に格好が良いと感じて頂けるかと思います。

なにはともあれ、お薦めです!


過去のアンチスライドマリンフロア ブログはこちらをどうぞ!




  • 2019.03.21
  • 19:21

Crewsaverライフジャケットの評価


はじめに、先日のボートショー。
ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
弊社ブースを訪ねて頂き、ネイビークロスロープやアンチスライドマリンフロアを
名指しで触りに来て頂くなど、本当に嬉しく、ありがたく思います。
御礼申し上げます。
今後も、皆様から「マニアックだ!」や「拘るね~!」とお褒めの言葉を頂けるよう
更に潜る所存です。
引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

本題
国内外、ヨットレースに積極的に出場する選手やヨットマンの方々から、
面白い話を伺いました。
詳細は差し控えますが、同じ船の上で各々別々のライフジャケットを着ている場面、
最後までライフジャケットを身に着けている人を見るとCrewsaverがほとんどだ!と。
我々が、製品スペックはじめ色々細々説明するよりも、一番説得力のあるお言葉です。
要するに、首や肩への負担が少ない設計の為、ストレスにならない度が高いと言う事です。

皆様のお仲間や、お近くにCrewsaverをお使いの方がいらっしゃいましたら、
ぜひインプレを伺ってみて下さい。



ネイビーエステルクロス12ブレード

ネイビーエステルクロス12ブレード

※実物は、写真よりも光沢があり深みのあるネイビーカラーです。

ロープはどれも同じではありません。
ヨット用は、様々なロープがあるように、ボート用且つ係留に特化したロープが
あるのは当然では?常々思っていました。
そんなロープを創業以前より、素材や製法をはじめ、テストしては却下を繰り返しました。
書きたい事、話したい事が沢山あります。
何から書いて良いのか、どこまで言うものか。
しかし、書きません。
なので、一言!
現段階で納得のできる「係留ロープ」が出来上がりました。
弊社がスタートさせます「ネイビークロス12ブレードロープ」を
ぜひ愛艇にご使用下さい。

ボートショーに展示しますので、ぜひ手触りや質感をお確かめ下さい。
※販売開始はボートショー終了後とさせて頂きます。
宜しくお願い申し上げます。

20mmφ、22mmφ、24mmφ。
26mmφ以上は受注生産となります。
18mmφ以下は、現状思う所がありまして、スタートまで少々お時間を頂きます。
これに関しては、改めて。

破断強度
20mmφ:5,790kg
22mmφ:6,910kg
24mmφ:8,120kg

価格:オープン価格
実売価格
20mmφ― 1,600/m~予定
22mmφ― 1,800/m~予定
24mmφ― 2,100/m~予定





スパンカー

シンプル且つ使い勝手の良いモノこそ、根拠と工夫が必要だと思います。
スパンカーは、ある意味完成している製品の一つだとは思いますが、
漁船や遊漁船の船頭さんとの会話の中にヒントは沢山あり、
プレジャーボート向けのスパンカーに取り入れられる材料はまだあります。
使い勝手を追究すればする程、細かい変更は必要です。

写真はDFR36FB艇
「FB艇はスパンカーの効きが悪くないですか?」とご質問頂く事があります。
前提として、FB艇だからと言う事ではなくハル形状・船型で効く効かないが分れます。
ハル形状と船型がクリアできればFB艇だから効きが悪いと言う事はありません。
次に大事なのは、使い方!
これは使う方の経験値であったり、ちょっとした調整で効果が変わります。
但し、スパンカーにはメーカーや種類がいくつかあります。
効きの悪いスパンカーがあるのも事実。
FB艇に採用する場合、スパンカーの各部セッティング(製作段階)を変更する事で、
効果は十分得られます。

以上、参考になれば幸いです。




VIMAR社製品

輸入艇に多く採用されている【VIMAR】製品。
主に、コンセントやスイッチを目にすると思います。
御依頼の多くは、海外仕様のコンセントから日本(100v)仕様への交換です。
御依頼頂いてから、なるべく早く納品したい気持ちは常々持ってはいますが、
VIMAR社製品は、最低発注ロッドの設定がありまして、3桁スタート。
また、種類も大変多い為、国内での在庫が非常に難しい商品となります。
最低発注ロッドに満たない場合、メーカー対応が通常と違いまして、
納期に少々お時間を頂く事になります。
極力、ご迷惑をお掛けしないよう努めますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。


冷凍庫・冷蔵庫の設置場所

冷凍庫交換です。
それがですね、輸入艇あるあるとでも言いましょうか。。。
狭い部屋に設置された冷凍庫。
設置する時は、船を造る途中で設置したのでしょう。
本体を外しても、部屋からどう出すの???と言った状況。
違うサイズまたは製品をとも思いましたが、
設置されている場所は冷凍庫に合わせた内装デザインの為、
内装に手を加えないと後付感が強くなるので、そこは避けたい。

幸い、弊社と協力関係にある各業者様の技術は高く、発想も素晴らしいので、
難易度の高い工事も請けてもらえます。
後は、全く同じ冷凍庫を見つけるのが弊社の仕事。
見つけられれば何とかしてくれます(笑)

Beforとしましたが、取り外した後なのでBefor・Afterでは無いですね・・・

納得の収まりです!


  • 2019.02.06
  • 09:55

ANTISLIDE MARINE FLOOR ヨット編

弊社販売店様から、嬉しい写真が届きました。
ありがとうございます。

それでは写真をどうぞ!

ヨットにも良く似合います。
このアンチスライド、昨年ヨーロッパではヨットの需要が増えているとの事。
砂と塗料を使うトラディショナルなノンスリップから、
アンチスライドに変える事例が多いと聞きました。
確かに、砂を使うと滑り辛いですが、痛い場面もありますね(笑)
また、メンテしていない少々古くなったチークはささくれが。。。
なんて声も聞こえてきます。

デッキ材をご検討でしたら、ぜひ検討ラインナップの一つに入れて下さい。

商品詳細はコチラ
https://www.hsmarine.co.jp/SHOP/ANTI150.html






ANTISLIDE MARINE FLOOR DFR36施工スタートです。

施工後、引き渡しの時にご依頼主様から頂く、喜びの声が物凄く嬉しい今日この頃。
手前味噌になりますが、良い商品を見つけたと思います(笑)

YAMAHA DFR36
写真は、カットしたアンチスライドを載せただけです。
完成しましたら改めて詳細UPしますので、少々お待ち下さい。

お蔭様で、大変多くのお問い合せを多く頂いております、ノンスリップデッキ材。
誠にありがとうございます。
当ブログにUPする内容は、弊社が施工した事例のみです。
弊社では施工していないボートやヨットが各地に多数ございます。
興味がありましたら、お近くのマリーナ等に聞いてみて下さい。

ご質問の中で、
「自分で貼れますか?」
「〇〇県で施工してくれる業者さんは?」
「釣りをした後の汚れは掃除できますか?」
この3点が、断トツに多いご連絡内容です。

まず、「自分で貼れますか?」ですが、返答は「貼れます。」
しかし、プロが施工するレベルでの話ではございません。
※施工のコツなど我々の持つ知識はお伝えしますし、
施工チャレンジされる方へのアドバイスを可能な限り致します。

何にでも共通する事だと思いますが、シンプル且つ施工が比較的難易度の高くない
モノこそ技術とセンスが前面に出ます。
アンチスライドマリンフロアは正にソレです。
文章にすれば、
①型取り
②本製品カット
③貼付け
④仕上げ
となります。
施工面積や形、場所により難易度は変わりますが、
仕上りを気にせず、簡単に済ませようと思えば簡単です。
逆に仕上がりを綺麗にカッコよくとなれば簡単ではございません。
自信の無い方は、プロにお任せする事をオススメします。
ご自分で楽しみたい方は、狭いスペースや小さい物に貼るなどし、
試して頂いてから本番作業に入って下さい。
いずれにしましても、まずはお問い合せ頂き、
不明点やご質問等をじっくりお話しましょう。

次に、「〇〇県で施工してくれる業者さんは?」ですが、
お問い合せ頂ければ、弊社が推奨する業者様をご紹介致します。
但し、全国網羅してはおりませんので、まずはお問い合せ下さい。

次に、「釣りをした後の汚れは掃除できますか?」ですが、
アンチスライドマリンフロアは中性洗剤と柔らかいブラシで掃除して下さい。
本製品表素材はPVCです。
簡単に言えばエアーフェンダーと同じ素材だと思って下さい。
※全く同じではありませんが、PVC素材と言う意味合いでは同じです。
※某社フェンダーのようにベタ付く事もありません。
例えば、FRPデッキも新しければ汚れも付着し難いですが、
細かい傷があれば汚れは入り込みます。
チークやイミテーションチークは汚れが浸み込む場合があります。
上記に比べれば、そこまで神経質にならなくて大丈夫です。
とは言え、魚の血が付いたら早く流して下さい。
魚のヌルヌルやベトベトも早く流して下さい。
イカ墨が付いた時は、直に流して下さい。
汚れの原因になるものが付着したら、直に流す!
アンチスライドに限った話では無く、直に流す!
これが綺麗な状態を維持するコツです。

以上、宜しくお願い申し上げます。

商品詳細はコチラをクリックorタップ

過去ブログ
https://www.hsmarine.co.jp/hpgen/HPB/entries/320.html
https://www.hsmarine.co.jp/hpgen/HPB/entries/318.html





ハッチ換装

元々のサイズから、縦横数ミリ違いのハッチを換装するのも良いですが、
可能な限り、同寸法が好ましいと現場では思うことがあります。
固定はビスを使われる事が多いですが、
いくつかのビルダーは、ボルトを使う事もあります。
この場合、元のハッチと換装するハッチのビス穴まで同じだと嬉しい、
または助かる!が本音でしょう。
更には、デッキにタップが切ってあり、インチサイズのボルトの場合は尚更です。
もっとも、デッキが水を吸っていたり、
傷んでいたりしていては無意味になりますが…

今回の案件、
デッキ面がフラットではなく、若干Rがあり取付には注意と工夫が必要になりましたが、
キッチリ交換する事ができました。
水漏れの心配も無く、気持ちの良い光を取り入れてくれるでしょう。

弊社では、LEWMAR以外のハッチも取寄せ可能です。
ハッチ換装で、お悩みの方!
一度、ご相談頂ければと思います。



本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年スタートしました。
皆様が、楽しいマリンライフを送れるように日々励みます。
宜しくお願いします。

2019年最初のブログはウィンドラス。
HSマリンと言えばウィンドラス!とイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるようです。
大変ありがたい事ですが、一言だけ言わせて下さい。
艤装全般にイメージ変更お願いします!(笑)

それでは、写真をご覧下さい。
以前より、当ブログでお知らせしています「LEWMAR VXシリーズ」
https://www.hsmarine.co.jp/hpgen/HPB/entries/253.html
特徴はジプシーです。
従来のモデルは鋳物またはステンレス(各メーカー共に)ですが、
ステンレスとコンポジットを組み合わせたハイブリットジプシーです。
詳しくは上リンクをご覧下さい。

大変ご好評を頂いております「VXシリーズ」
新規・交換艤装の際は、ぜひご検討下さい。




お買い得な情報はこちら

新規会員登録はこちら

商品検索


弊社フェイスブックにて
最新情報をチェック!



商品カテゴリ

HSブログ

サイトシステムの関係上、当サイト内ブログは日付・カテゴリに分かれておりません。申し訳ございませんがスクロールして御覧下さい。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送不可日

取扱いメーカー

LEWMAR
Victron energy
GISA TEX
Onesailor
Crew saver
Whale 
MARINCO
Waveber
Ocean air
Ameritool
ASTEL
HELLA
MAX POWER
Loflan's
Goiot
Raymarine
PLASTIMO
Glendinning
Vitrifrigo
Lake lite
Outland hatch
NEXTGEN
Forsper
OPTIMA
BEP MARINE
XM YACHTING
blue performance
BLOND
303Products
xylem
Dometic
NORTHERN LIGHT
Ultra anchor
Albright
VIMAR
CAN SB

その他、国内外製品

ページトップへ