HSブログ

この先も悩まされるであろう紫外線や日本の環境

ご存じの方も多い事と思いますが、一参考としてご確認・再確認として下さい。
上は、某フィルムメーカー(自動車系)が研修等で使用するデータの一つ。
冬と夏ではUV指数に違いがあります。
また、北海道は少なく、沖縄・九州・四国・長野は高い計測値ですね。
日本の場合、高温多湿、四季もある。
乗り物にとって、日本は想像以上に過酷な環境であると言っても過言ではありません。

我々艤装品を、特に輸入物を扱う者は、常に紫外線・高温多湿・気温に
悩まされる場面が多くあります。
例えば、ヨーロッパ方面は日本とはUV指数は違い、湿度も低く、
基本的に四季もありません。
塗料・ゴム系・プラスチック系等の製品の劣化スピードは顕著に表れます。
アメリカは広いので場所によります。
UVデータだけを見れば、千葉の銚子とフロリダは近い数値ですが、
同じ括りでは考えられません。
基本的にはヨーロッパ同様と考えてよろしいかと。

車やオートバイはガレージ等屋内保管が可能ですので、UV等から守る事もできますが、
船の室内保管は現実的ではありません。
上の通り、紫外線・気温・湿度・風・塩害・四季などと向き合う必要があります。
船体メンテナンスは勿論ですが、艤装品一つ一つもメンテナンスが必要だと考えます。
船体・船底・エンジンは定期的なメンテナンスをすると思いますが、
是非、艤装品の定期メンテナンスを計画に入れて頂ければ幸いです。




  • 2021.11.18
  • 10:28

ラッピングの有効性

新艇を納艇する前にラッピングし、約2年近く経過しました。
剥がした状態が写真になります。
写真では伝わり辛いのが恐縮ですが、ハルは新艇の状態と言って過言ではありません。
気分を変える為のカラー変更(ラッピング)は勿論ですが、
買い替え時の査定等にも効果は絶大だと思います。



  • 2021.10.28
  • 12:39

冷蔵庫?冷凍庫?

元々装備されている冷凍庫が古く、機能しておらず、
換装依頼ですが、取付られているメーカーが買収されており、
会社も製品も存在していない。
また、取付箇所のスペースは冷凍庫用に作られたような箇所であり、
扉もあるので限られたスペースに収まりの良いサイズの冷凍庫を探さなければなりません。
幸い、全く同じではないが、marineとは別のカテゴリーにほぼ同等が見つかったので
取寄せました。
冷凍庫が暴れないように一工夫とお化粧をし、無事完了。
胸を撫で下ろした時に・・・
ん?
冷蔵庫?
冷凍庫?
注文は間違いなく冷凍庫とした。
しかし、どう見ても冷蔵庫・・・
取り付ける前に気づかないのは自分の責任。
納期は目の前。
胃がキューンと。
再度、諸々確認したところ、
間仕切りを外し、設定を冷凍に変更できる!
冷凍に設定し、温度計を入れ30分後に確認すると-8.5℃
製品スペックはmax-15℃なので問題無し。
ん?
もしかして、この冷凍・冷蔵庫、優れ物かもしれない。
良い商品、見つけたような気がしています!



  • 2021.09.17
  • 10:05

ラッピング

ボート・ヨットのラッピング。
目にする機会も増えてきたと感じます。
塗装ではなくラッピングをスタンダード仕様にしている海外ビルダーもありますね。
ご存じの通り、ラッピング専用シートを貼りますので、剥がれがデメリットです。
接触(ぶつける)、フェンダーの圧接、ロープの擦れには十分注意が必要です。
メリットは、新艇で貼れば数年後に売却する際、
剥がしてクリーニングすれば肌が綺麗な状態です。
また、気分転換にカラーを変えるなんて事も可能です。
さて、船のラッピングの場合、ただ貼るだけでは終われません。
詳細は企業秘密としますが、貼るだけで終わるのであれば我々船の仕事をしている者が
関わる必要もあまり無いでしょう。
貼り方も一工夫、二工夫し、貼り終えてから細かい作業に入ります。
無事貼り終わりましたので、次の作業に入ります。

このカラー、海に浮かぶと海面からの反射と太陽光が相まって、
凄くスタイリッシュになります!



  • 2021.09.10
  • 09:34

リチュウムイオン電池について

近頃、リチュウムイオン電池についての問い合わせが増えてきました。
ネット検索すれば一般的なメリット・デメリットは確認できますので、
興味のある方は検索してみて下さい。

弊社では現状、船舶に使用する為のリチュウムイオン電池の取り扱いは考えておりません。
理由としましては、PSEに該当する事や、輸入の際に発生する諸事情、コスト、その他
幾つかの理由がある為ですが、
実際のところ船に使用する場合、そこまでメリットを感じない。
が、本音です。
私の勉強不足、知識不足がそのような結論に至るのかもしれません。
※毎年、法規制が少しずつ変わるようなので、状況によっては再検討も考えています。

輸入艇の中にはリチュウムイオン電池を採用している船も現状は稀ですが、
目にするようになってきました。
但し、感覚的には増える(採用)スピードが遅い。
遅いには理由がある?とついつい思ってしまいます。
また、数艇はバッテリー(リチュウムイオン電池)不良も確認しています。

では、私が前向きになれない理由を。
〇リチュウムイオン電池は衝撃や湿気などでの発火の可能性もあると言う点。
〇リチュウムイオン電池は満充電での放置は劣化が早いと言われています。
良い状態を維持するには、半分程充電されている状態で保管が良いとされています。
例えば、陸電やオルタネーターなど、充電器(バッテリーチャージャー)から
チャージの状態で放置すると、理屈では劣化が早い。
〇充電器(バッテリーチャージャー)もリチュウムイオン電池専用にする必要があり、
充電器も様々、船で使用する場合、船毎(電装システム)に合ったものを使用する必要がある。
〇過充電・過放電にとても敏感
〇過電圧をかけるとトラブル率が上がる
〇高温・低温に弱い
船に搭載する場合、高温の部分で考えますと、ご存じの通りエンジンルームやバッテリー設置場所は、想像以上に高温です。
リチュウムイオン電池の対応温度がどれくらいなのかも実際は把握できません。

上記以外、細かく書き出すとまだまだあるのですが、臆病な私は新しい物を採用するにあたり、実績を確認してからでないと踏み出せません。
特に船で使用するとなると・・・
上でも書きましたが、私の勉強不足・知識不足もあるでしょう。
考え方や捉え方が古いのかもしれません。
感覚的にですが、船で使用するとなると、
電池そのものが開発段階のような気がしてなりません。

もう少し様子を見させて下さい。




  • 2021.08.10
  • 13:31

国産艇36ftにジャイロ搭載

ジャイロ案件は、悩む事が多く、毎回苦しめられます。
輸入艇の中には、ジャイロを積む事が前提で場所が確保されている船も稀にありますが、
国産艇はそうではない為、全て一から作り込む必要があります。
今回は、ジャイロを搭載したい場所にソナーが陣取っておりまして。。。
元々スペース確保が難しいところにソナーがあるので、まずはソナー移設から。
言葉で移設と言うのは簡単ですが、実際は大変な作業です。
移設場所にスペースを確保する為に、周辺の配管やポンプ等などを移設。
更に、ジャイロ用のジェネレーター(発電機)も搭載するので、
これまたスペース確保。
ソナー・ジェネレーター・ジャイロと道路整備をしながら作業を進めます。
詳細画像は差し控えますが、参考までにご覧下さい。




船毎に内容も変わり、強度を保つ為の工事、ベース(土台)も都度考えシュミレーション。
無事に工事が終わり、ご依頼主様、ユーザー様が笑顔で乗られる瞬間が堪らなく嬉しい時間です。
さて、次行ってみよう!


  • 2021.06.01
  • 10:35

マリンマーケット

3月27日(土)~28日(日)
ヴェラシスマリーナにてマリンマーケットを開催致します。
弊社もロープや小物をご用意してお待ち申し上げます。
ぜひ、お立ち寄り下さい。
※28日(日)は天候により中止となる事がございます。
※当日は現金でのお支払いが中心となります。

  • 2021.03.26
  • 12:39

トランサム用ポップアップ船台 Vol.2

これからの時期、大変役立つ艤装品の一つではないでしょうか。
取付スペースが確保でき、ジェットやテンダーを載せるスペースの確認ができれば
施工は難しく無いと思います。
但し、難しくは無いと言いましても専門業者様が施工した場合に限ります。
ご興味がございましたら、マリーナスタッフ様や業者様にご相談下さい。
また、マリーナスタッフ様・業者様と弊社にて直接お話する事も可能です。

  • 2021.03.16
  • 13:28

トランサムステップ用ポップアップ船台

埋込式船台です。

ブログを書く手間を省いている訳ではございません(笑)
写真を見て頂く事が、一番分かりやすいかと。
製品は、センターVタイプとアフトVタイプの2種類。
今回はアフトタイプになります。




仕様・価格等のお問い合わせは下記アドレスまでお願い申し上げます。
info@hsmarine.co.jp

  • 2021.03.08
  • 17:34

年々増加傾向?なトンネルでは無いスラスター取付

ブログ、ご無沙汰しております。
お蔭様で、忙しくさせて頂いてはいますが、ブログに載せるとなると過去の内容と
被りたくない気持ちや、諸々の事情で写真等載せる事ができないなど。
と言いながらも今回の内容も過去に触れている内容ですが、改めて書かせて頂きます。

一般的にスラスターは、ハルに穴を開けFRPトンネルを取付ます。
写真のように、トンネル上部にモーター、トンネル内側にドライブレッグ&プロペラとなります。
モーターマウントとドライブレッグでトンネルを挟み込むことになりますが、
トンネルの径と厚みはモデルにより変わります。
今回はこのトンネルの厚みに注目します。
例えば、上写真のスラスター、LEWMAR 140TTモデル。
トンネル径140mmφ、厚み6mmです。
モーターマウント、ドライブレッグ共に140mmφに合う形状になります。
トンネルの厚みは6mmと設定されているので、マウントとレッグの間は6mmで設定されています(若干の前後は許容範囲)。
さて、下の写真をご覧下さい。
近頃、トンネルでは無く、スラスターを艤装する前提で型から作られる事があります。
トンネルを取り付ける工程が無いのは嬉しいところですが、デメリットが2点程。
一例ですが、この写真の内径、横は140mm、縦135mmなんです。
トンネルの場合、径が違うなんて事はありません。
こうなると、プロペラを加工する他手段は無いかと。
次に、船内側(モーター側)ですが、
写真ですと伝わり辛いですが、綺麗なRではない事と表面の凹凸があります。
まずは表面を凹凸無く、綺麗なRに整える必要があります。
次に、上で触れました厚みです。
今回の船は厚みが10mmでした。過去同じような施工の際、厚かったり薄かったりと様々。
6mmで設定されたモデルを取り付けるには、4mm削り同時にRも作る必要があります。
仮に10mm厚のまま取り付けるとなるとボルトが掛からない、逆に薄いとボルトが長い、
となります。
一見、トンネル取付が無い分工程が減る!と思う場面ですが、
そう簡単には取付させてくれません(笑)

以上になりますが、一情報として記しておきます。




  • 2021.02.26
  • 16:08

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送不可日

お買い得な情報はこちら

新規会員登録はこちら

商品検索


弊社フェイスブックにて
最新情報をチェック!



商品カテゴリ

HSブログ

サイトシステムの関係上、当サイト内ブログは日付・カテゴリに分かれておりません。申し訳ございませんがスクロールして御覧下さい。
店長日記はこちら >>

取扱いメーカー

LEWMAR
Victron energy
GISA TEX
Onesailor
Crew saver
Whale 
MARINCO
Waveber
Ocean air
Ameritool
ASTEL
HELLA
MAX POWER
Loflan's
Goiot
Raymarine
PLASTIMO
Glendinning
Vitrifrigo
Lake lite
Outland hatch
NEXTGEN
Forsper
OPTIMA
BEP MARINE
XM YACHTING
blue performance
BLOND
303Products
xylem
Dometic
NORTHERN LIGHT
Ultra anchor
Albright
VIMAR
CAN SB

その他、国内外製品

ページトップへ